ブログ

あまり見かけないDIATONE DS-A7が入ってきました。
90年代のDIATONEのスピーカーだと、3ウェイの600/700/800シリーズはたまに当店でも扱いますが、Aシリーズのスピーカーは初めて入ってきたような気がします。

外観に汚れや擦り傷はありますが、発売後20年ほど経っていることを考えますと、まずまずな状態ではないでしょうか。
この時代のDIATONEスピーカーの問題としてよく出るのが、ウーファーの布エッジのダンプ剤(ビスコロイド)が硬化し、ウーファーがほとんど動かなくなり低音が出なくなるという症状です。
このDS-A7も布エッジが硬化しているかと思いましたが、それなりに柔らかい状態を保っています。
おそらく以前にエッジの軟化処理をしてあるようです。

能率が低いので、力のあるアンプで鳴らしたいところですね。
中古品コーナーでNEC A-10IIと組ませて鳴らしていますが、なかなか聴かせてくれるサウンドです。
興味をお持ちの方はぜひお立ち寄りください。

担当S

コメントは利用できません。