ブログ

B&Wの新600シリーズのブックシェルフ型スピーカー 606を展示いたしました。

低域・中域ユニットが上位機種の800・700シリーズでも使用されているコンティニュアム・コーン・ミッドバスへと変更されました。
B&Wが44年間に渡って使用していた黄色いケブラーコーン・ユニットはついに終息となります。
高域用のツィーターユニットは、前シリーズから引き続きダブルドームアルミニウムツィーターが搭載されますが、改良された最新型となります。

仕上げはマットブラックとマットホワイトの2色になります。
当店のスピーカーの展示品は木目調か黒が多いので、606はマットホワイトを導入いたしました。
ヨーロッパではB&Wの出荷数の4割近くがホワイトモデルらしいです。

B&W 606 販売価格:110,800円(税込)

MARANTZ NA6006とPM6006のコンビで鳴らしていますが、クリアで見通しがいいB&Wらしい音が楽しめます。
音が残らずサッと消えるように感じられるところはコンティニュアム・コーンのレスポンスの良さでしょう。
クリアで伸びのある高域と合わせて、キレのいい音を聴かせてくれます。
昨年707S2を入れて、鳴らし始めた時はかなり堅さを感じる音でしたが、606ではそれほど感じません。
最初からこれだけの音を出してくれるのは凄いですね。

100時間、200時間経った時にどんな音になるのか楽しみです。

担当S

コメントは利用できません。