オーディオ機器のよくあるトラブル

音楽を楽しむためには、オーディオ機器の存在が欠かせません。しかし、長く使用していると様々なトラブルが発生します。
こちらでは、オーディオ機器のトラブルとその主な原因について紹介します。

音が出ない

オーディオから音が出ないトラブルは、スピーカーの不良が原因となっていることがあります。

例えば、左右のスピーカーから音が出ない場合、コードが正しく接続されていない、ボリュームが最小になっているなどが考えられます。この場合、コードの接続を点検する、接続位置や音量を調節することで解消されることが多いです。また、スピーカーの寿命が原因で起こるトラブルもあります。

スピーカーの寿命は温度や湿度、紫外線、タバコの煙などの影響を受けて変わってきます。

寿命が原因で故障した場合、コーン紙の張替えやパーツ交換などの修理を行うことで、再度使用することもできます。

フロントパネルの劣化

フロントパネルの文字が消えた・薄いなどのトラブルは、内蔵されている蛍光管や液晶の劣化が考えられます。

製造年代によって、フロントパネルに使用されているバックライトの種類は異なります。
そのため、メーカーの在庫がなくなった機種などはメンテナンスができないこともあります。

フロントパネルの表示がなければ、曲番やボリュームなどを把握できないので、買い替えが必要です。

ディスクの読込不良

CDコンポのトラブルとして、ディスクの読込不良は多いです。いくつかの原因が挙げられますが、ピックアップレンズの汚れが原因の可能性があります。

機器内部は室内のホコリや湿気の影響を受け、汚れが蓄積していきます。その汚れがレンズを曇らせ、ディスクの読み取りを遮ります。定期的にクリーナーディスクを使用するなど、レンズの汚れ防止をすることができます。また、ピックアップのレーザー弱化も原因の1つです。

レーザー出力が弱くなることで、ディスクを上手く読み込むことができないのです。
レーザー出力の回復は本体の分解などを要するため、プロに修理を依頼することをおすすめします。

トラブルや故障の内容によっては、買い替えを検討した方が良いケースもあります。
その場合は、オーディオ機器・スピーカー買取などのサービスを利用することをおすすめします。

香川にある当店では、スピーカーをはじめ様々なオーディオ機器の出張買取を行っています。これまで大切に使ってきたオーディオ機器をできるだけ高く買取してほしいという方は、ぜひ当店をご利用ください。

査定価格相場をしっかりと把握してご提案いたします。香川県内が対象エリアですが、条件が合えば県外での出張買取も承ります。