オーディオ機器修理

アンプ・CDプレーヤー・アナログプレーヤー・カセットデッキ・オープンリールデッキ・スピーカーなど各種家庭用オーディオ機器の修理承ります。

一般的な中古品の市場価格よりも修理費が高額になる可能性があります。
愛着のある製品・高級品以外は修理をせずに買い替えた方が安価に上がる場合がありますので、よくお考えの上、お申し込みください。

修理受付不可製品:下記の製品につきましては、当方では修理対応ができません。ご了承ください。
ミニコンポ:修理代金が現在の新品価格よりも高価になる可能性があります。
      補修用部品が調達できない場合が多数ありますので、お受けできません。
MDデッキ:補修用部品が調達できませんので、修理できません。
DATデッキ:補修用部品が調達できませんので、修理できません。
LDプレーヤー:補修用部品が調達できませんので、修理できません。
業務用アンプ・PA用スピーカー:修理対応できません。

古いCDプレーヤー(15年以上前の製品)の読み込み不良の修理につきましては、下記のような理由から基本的に当方ではお勧めしません。
1.補修用部品が調達できない可能性が高く、修理不能となる場合が多いため。
2.デジタル系の性能向上が目覚ましく、買い換えたほうが音質向上となる可能性が高いため。

当店では、木工業者と提携しております。
スピーカーエンクロージャー、アンプ類のウッドケースの補修やCDラック・オーディオラックなどの製作につきましても対応できます。
お気軽にご相談ください。

修理代金について

修理見積もり代金:3,240円税込(修理される場合は修理代金に含まれます)
見積もり後、修理をキャンセルされる場合、もしくは修理不可能と判断し、返却させていただく場合に頂戴いたします。

アンプ類 リフレッシュ・メンテナンス(接点洗浄・動作チェック) 代金:18,000円
アンプのボリュームやスイッチを動かした時に、「ガリ」「バチ」というノイズが出る場合、経年による接点の劣化が考えられます。
これらのノイズは接点洗浄を行うことで、改善します。
ノイズの原因が接点不良ではなく、部品の劣化・故障である場合は通常修理扱いとなります。

長らく使用されていなかった機器は、経年により内部の部品が劣化している可能性が高く、何の手入れもせずに使用すると故障する場合があります。
安心して使用するために、点検も兼ねて、当メンテナンスはいかがでしょうか。

通常修理代金:20,000円〜
部品交換・基盤ハンダ修正などが必要な場合の修理代金です。

オーバーホール修理代金:要見積もり


修理の流れ

修理依頼品を店頭にお持込いただき、お預りさせていただきます。
通常1週間〜2週間以内に修理の見積もりをご案内させていただきます。

修理見積もり代金:3,240円(修理される場合は修理代金に含まれます)
見積もり後、修理をキャンセルされる場合、もしくは修理不可能と判断し、返却させていただく場合に頂戴いたします。

見積もりに、ご了解をいただいた後に修理に入らせていただきます。
標準的な修理期間は1週間〜3週間程度になります。
注)オープンリールデッキにつきましては、見積もり・修理にお時間をいただく場合があります。

部品の入手に時間が掛かるものや、症状がはっきり出ない商品につきましては、お時間をいただきます。

遠方のご依頼につきましても、できる限り対応させていただきますが、重量物(30Kg超え)は輸送上の問題がありますので対応不可とさせていただきます。
品物送付の前に、電話・メールにてお問い合わせください。
お問い合わせをいただいていないものにつきましては、受取いたしません。

修理事例:1 DENON プリメインアンプ PMA-2000II

写真

症状1:音が一瞬出なくなることがある。
症状2:背面ACアウトレット、出力せず。

修理内容・交換部品
セレクター部の駆動ダイオード:7個
IC:2個 ヒューズ交換
ボリューム・スイッチ接点洗浄
DCバランス バイアス調整


修理事例:2 GAS プリアンプ THOEBE セーベ

写真 症状:片チャンネル音出ず。

修理内容・交換部品
トリマーボリューム交換
トランジスタ4個交換
端子部ハンダ修正
ボリューム・スイッチ接点洗浄


修理事例:3 ESS プリアンプ PRE AMP

写真 症状:音が歪む。

修理内容・交換部品
コンデンサー2個
電源部ブロックコンデンサー1個交換
基盤ハンダ修正
ボリューム・スイッチ接点洗浄


修理事例:4 ソニー カセットデッキ TC-K222ESG

写真 症状:イジェクトせず。
点検結果:イジェクト部・メカ部不動

修理内容・交換部品
ベルト2本
ピンチローラー交換
テープパス調整、アジマス調整、PBバイアス調整など各種調整


修理事例:5 SUMO CDトランスポート 1200 AXIOM

写真 症状:動作せず。

修理内容・交換部品
トラバースメカ(ピックアップ部、スピンドルモーター部、フィードモーター部、リセットスイッチのセット)アッセンブリー交換
ベルト2本交換


修理事例:6 DIATONE DS-200ZA エッジ交換

DS-200ZAのエッジが経年により破損していましたので、交換しました。
これで10年近くは大丈夫でしょう。

写真


写真

修理事例:7 PIONEER M-90a 

写真 症状:プロテクター作動し、音出ず。

修理内容・交換部品
酸化金属皮膜抵抗9個
小信号ダイオード各種7個
入力段トランジスタ5個
ドライブトランジスタ2個
コントロールIC1個
バイアス調整・DCバランス調整


修理事例:8 McIntosh C-29 

写真 症状:モードセレクター固着
インプットレクター回りづらい
ボリューム・トーンボリュームにガリ
ハム音
メインアウト音出ず

修理内容・交換部品
チューブラーコンデンサー2個
電解コンデンサ1個
セレクター部、軸受け部分等修理
RCA後面ピンジャック基板ハンダ修正
ボリューム・プッシュスイッチ接点洗浄
オペアンプソケット・ランプソケット洗浄


修理事例:9 McIntosh MC-2205 

写真 症状:右chメーター振れない
右ch音歪み
照明不良
メーターレンジつまみ不良
ボリュームにガリ
パイロットランプ点灯せず

修理内容・交換部品
トランジスタ4個
パイロットランプ2個
コンデンサー3個
メーター回路のコンデンサー交換
トランジスタ交換
フロントパネル回路修正
ロータリースイッチハンダ修正
ボリューム接点洗浄
パイロットランプ交換


修理事例:10 EMT 982 

写真 症状:再生できない

修理内容・交換部品
コンデンサー・サイリスタ・ダイオード・ツェナーダイオード・発振止めコンデンサー・抵抗・サーボIC等多数交換


修理事例:11 JBL Olympus 天板補修

Olympusの天板にシミがあり、見栄えがよくありませんでしたので、補修を行いました。
補修前の写真を撮っていませんでしたので、完成後のものしかありません。
綺麗になりました。
写真


写真

修理事例:12 JBL L101 Lancerの格子ネット修理

JBLのスピーカーで使用されている組み木格子ネットの修理を行いました。
写真


写真

片側のネットに破損とすり傷がありましたが、修理をすると次のようになります。

写真


写真

写真

ネット左側のすり傷により白くなっている部分も塗装をしました。
正常な側と比べましても、どちらが修理した物なのか分からないほどの仕上がりです。